SECURITY & SAFETY

日々の安心・安全を守る、多彩なセキュリティを導入。

日々の安心・安全を守る、多彩なセキュリティを導入。

オートロックシステム

オートロックシステム

エントランス(風除室)にオートロックシステムを採用。来訪者を幾重にもチェックすることで、防犯性を高めていきます。また、鍵は操作盤にかざすだけで解錠ができるノンタッチキー方式を採用しています。

防犯カメラ

防犯カメラ

要所にカメラを配置、映像は管理員室にて確認します。

暮らしに安心をもたらす遠隔監視システム

暮らしに安心をもたらす遠隔監視システム

綜合警備保障による24時間遠隔監視システム。監視センターは異常を発した場所を確認、状況に応じて緊急出動員が対応します。住戸内インターホンの非常押しボタンのほか、火災・ガス監視、マンションの共用諸設備から異常があった場合、遠隔監視している監視センターで警報を受信し、ガードマンへ急行指示のうえ対応します。

セキュリティ(専有部)

CP認定

公的な防犯試験に合格し「CP認定」を受けた玄関ドア。

ディンプルキー

玄関キーは、複製が困難なディンプルキーを採用。

ダブルロック

ドアハンドルの上下に鍵穴を設け、防犯性を向上。

住戸玄関前カメラ

来訪者を共用エントランスで確認後、さらに玄関前でもカメラの映像で確認することができます。

モニター付インターホン

モニター付インターホン

来訪者を映像と音声で確認・通話、さらにオートロックの解錠ができます。

鎌型デッドボルト錠

錠のこじ開け防止に、鎌型のデッドボルトを装備。

防犯サムターン

「サムターン回し」防止機能を備えた内鍵を採用。

防犯センサー

全住戸の玄関及びサッシュに設置。

※FIX窓、面格子付窓を除く

ルーバー面格子

通気性、採光性を確保しながら、しっかりと目隠しできます。

共用・専有部に施した、万が一の災害時における様々な対策。

共用・専有部に施した、万が一の災害時における様々な対策。

【建物共用部】

□地震感知機能付エレベーター

強い地震を感知すると運転中のエレベーターをただちに最寄り階に停止させてドアが開きます。また、火災時にも避難階まで直行します。

□防災備蓄倉庫

防災備蓄倉庫には、万が一の災害時に避難者に対して支給する食料品や防災用品を備えています。

□安全に配慮したガラス(共用部)

地震による大きな揺れが起きてガラスが割れた場合、一般の板ガラスだと、鋭い破片となって広い範囲に飛び散ってしまいます。そこで、安全に避難できるよう、エントランスホールなどには強化ガラスまたは合わせガラスを採用(一部を除く)。割れにくく、破片が飛びにくいため、大きなケガをすることが少なくなります。

※いずれも参考写真となります。
【建物専有部】
【建物専有部】

地震による玄関ドア枠の変形を防ぐ 【対震枠玄関ドア】

停電時の保安灯・非常時に携帯電灯として利用 【LED保安灯】

ガス漏れや火災などの二次災害を防ぐ 【地震時ガス遮断システム】

キッチン吊戸棚内の食器などの飛び出しを防止する 【耐震ラッチ】

バルコニー側からでも迅速に避難できる 【避難経路】

火災を感知し迅速に避難を促す 【火災報知器】

温度上昇を自動的に感知し、制御する 【安全装置付ガスコンロ】

STRUCTURE

永住を見据えた、良好な地盤と堅牢な構造。

永住を見据えた、良好な地盤と堅牢な構造。

基礎構造

全数40本もの基礎杭を地下約14mの支持層へ打ち込み、安定した地盤を支持層として建物を支えています。

構造体の計画供用期間

一般的な劣化作用及び特殊な劣化作用に対して、計画供用期間中は構造体に鉄筋腐食やコンクリートの重大な劣化が生じない期間を示します。

コンクリート強度

約30〜36N/㎟以上の負荷に耐えるコンクリートを採用。

最高ランクの劣化対策等級3

住宅性能評価でコンクリート等の建物の耐久性を示す劣化対策等級において、最高等級「等級3」を取得する予定です。

最大直径約32㎜の柱主筋と、溶接閉鎖型せん断補強筋(一部)

最大直径約32㎜の柱主筋と、溶接閉鎖型せん断補強筋(一部)

柱の鉄筋には、最大約32㎜の太さの主筋を採用。さらに、耐震性向上のために鉄筋の継ぎ目をなくした溶接閉鎖型せん断補強筋(一部)を採用。

コンクリートかぶり厚

コンクリートの中性化を遅らせ、耐久性を高めるかぶり厚を確保しています。

コンクリートの中性化を遅らせ、耐久性を高めるかぶり厚を確保しています。※外壁の屋外に面する部位に耐久性上有効な仕上げとして、タイル貼り、モルタル塗り、外断熱工法による仕上げ、その他これらと同等以上の性能を有する処理が施されている場合にあっては、最小かぶり厚さを10mm減じることができることを示したものです。(床、及び柱・梁の屋上面は減じることができません。)

ダブル配筋

主要な床や壁は鉄筋を二重に組み上げるダブル配筋。シングル配筋よりも高い強度と耐久性をもたらします。

外壁

外壁は約150mm以上を確保。耐火性・耐久性に優れ、外部騒音も軽減します。内側に断熱材を施し結露対策をしました。(一部除く)

戸境壁

戸境壁厚を約200mm以上としました。これにより隣戸間の遮音性能の向上に配慮しています。(一部除く)

二重床・二重天井

居室床スラブ厚は約200㎜以上(1階は約180㎜)を確保し、遮音性能を高めました。また、二重床・二重天井とすることにより、工事などのメンテナンス性も向上させます。

さや菅ヘッダー

二重構造の配管工法。水漏れの危険性が少なく、メンテナンスも従来よりも簡単に行えます。

複層ガラス

2枚のガラス間に空気層を設けた複層ガラスを採用。冷暖房効率の向上とガラス面結露の抑制を図ります。

対震玄関ドア枠

扉とドア枠の間にスペースを設けることで、ドア枠がゆがんでも扉が開くように配慮しています。

住宅性能評価

国土交通大臣が登録した第三者機関による「住宅性能表示制度」を導入。

国土交通大臣が登録した第三者機関による「住宅性能表示制度」を導入。※設計住宅性能評価書は取得済(2015年6月現在)
※建設住宅性能評価書は取得予定(2015年6月現在)
※住宅性能評価制度は、義務づけられたものではありません。

東京都マンション環境性能表示

「建物の断熱性」「設備の省エネ性」「太陽光発電・太陽熱」「建物の長寿命化」「みどり」の5項目の評価について、星印(★)の数3つで表示することで、どなたにも分かりやすく表現しています。

※掲載の写真は、モデルルーム(Eタイプ メニュープラン)を平成28年12月に撮影したもので、一部オプション等有償のものが含まれており、実際のお部屋とは異なります。

※有償オプション・無償オプションについては、申込期限があります。詳しくは販売員にお問い合わせください。また、一部参考写真が含まれております。 ※家具調度品等は商品には含まれません。 ※細部の仕様・設備・形状・色等は、施工上等の理由により変更となる場合がございます。